一人暮らしをするのに必要なもの

初めて一人暮らしをする方は、一人暮らしで必要なものを買いそろえていく必要があります。一人暮らしをするにあたり、最初から必要なものとして、トイレットペーパーやせっけん、照明やカーテン寝具などが挙げられます。そろえるとよい家電や家具には、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機やエアコン、テレビやテーブルなどがあるでしょう。できれば、収納家具があれば部屋をきれいにしやすいですし、時間の管理や身だしなみを整えるために、壁掛け時計や姿見があるとよいかもしれません。さらに、調理器具や洗剤、物干しざおやハンガー、掃除用具や洗面道具などをそろえると、健康や衛生面をケアしやすくなるに違いありません。

一人暮らしをするために必要な月々の金額

一人暮らしをするにあたり、月々の生活費の平均額を知っておくと、予算を立てやすいかもしれません。総務省の家計調査によると、一人暮らしの世帯では、平均で16万円前後の生活費がかかるとされています。月々の生活費の中で大きなウェートを占めるのが、家賃です。支出の約30パーセントとなるケースが多いようです。食費は20パーセントで、月々の支出額で2番目の多さです。

一人暮らしをする際に必要な月々の金額は、がんばって節約するタイプの方と、ある程度余裕を持った生活をしたい方では、10万円以上のひらきが出てくるようです。例えば、荷物が少ないミニマリストで、小さめのワンルームや1Kの部屋でよく、自炊に心がけ、移動にも自転車を利用するという方は、12万円程度で済む場合があります。逆に、時間をお金で買うタイプで、外食が多く、お稽古事などを大切にしている方は、25万円でも足りない場合があります。

家具の家電のレンタルは、単身赴任者など一定期間一人暮らしをする人や、手ごろな価格で最新の製品を使いたい人の間で関心が集まっています。